水道代や電気代、ガス代の節約術について

コンセントを使った電気代の節約術

水道代や電気代、ガス代の節約術について 電気を使うときにはコンセントに差し込みます。電気製品によっては差し込んだ途端電気を使うものもありますし、差しただけでは電気を使わないものもあります。待機電力があるものは電気を使うことになります。待機電力には必要な物もあるのですが不要なものもあります。不要なのに知らずにコンセントに入れたままになっているとその分電気を余計に使うことになります。毎日10円無駄にかかっているとしても365日あれば3千円以上も無駄になります。

電気代の節約術としてはコンセントが管理できるようにすることです。冷蔵庫など常につけておくことが必要な物は単独で差すようにします。そして待機電力のあるものでテレビの録画など電気が必要な物も直接コンセントに繋ぎます。その他のものに関しては延長ケーブルを利用します。ただの延長ケーブルではなく、延長ケーブル上で電気をコントロールできるものです。一つ一つコントロールできるものもあれば、全てを一度につけたり消したりできるものもあります。

出掛けにコンセントを抜く、帰ってきてコンセントを付けるは結構面倒です。ですから習慣化するのは難しいのです。でもスイッチを一つつける、消すであれば簡単にできます。延長コードは容量に気をつけて使うようにします。

Copyright (C)2018水道代や電気代、ガス代の節約術について.All rights reserved.