水道代や電気代、ガス代の節約術について

お茶を持参した節約術を実行する

水道代や電気代、ガス代の節約術について 夏になると水分補給をしなければなりません。どのようにするかですが町中であればペットボトルのジュースやミネラルウォーターなどを購入します。1本150円ぐらいですがこれで熱中症が防げるのですから仕方がありません。朝出勤をするときに1本、午前中の仕事の時に1本、昼休みに1本、午後に1本、帰りに1本と気がついたら1日に5本も買っていました。全部で750円の出費です。これでは小遣いがどんどん減ってしまいます。

そこで節約術として、お茶を持参することで対応することにしました。保冷タイプの水筒があります。サイズはたくさんあって、1リットル入るものから300ミリリットルの小さいものもあります。暑い中持ち歩いても冷たさは変わりません。1リットルあれば1日何とかもたすことができるのです。足りなくなれば会社などにおいてあるものをもらったりすることがあります。こちらは自由に飲むことができるものなので飲んでも問題はありません。

自宅からお茶を持っていくようにすればお茶代としてはせいぜい数十円程度になります。もともと750円近くかかっていたので1日辺り700円以上の節約につなげることができます。ただしいろいろなものを飲むことはできません。

Copyright (C)2018水道代や電気代、ガス代の節約術について.All rights reserved.