水道代や電気代、ガス代の節約術について

何も無い時代を生き抜いた高齢者に学ぶ節約術

水道代や電気代、ガス代の節約術について 現在の高齢者と言われる世代の人はたくさん苦労をしてきました。特に戦争を経験した世代は、何もなかった時代のため、貧しいことの苦しさも知っていますし、それを乗り越えて、長年働き、働きまくって現在の安定した平穏な生活を築いてきたのです。貧しい時代を経験した人は、自然と節約術が身に着いていて、豊かになった現代でも節約を実践できているといいます。元々、貧しい時代を生きてきたため、お金を貯めることは良しとしても、よくは使えないという理由もあるようです。貧しいことの苦しみを知らない現代人は高齢者から学ぶこともあります。

食べ物に関して、私達は食べる物が溢れています。人間のために命を差し出してくれた動物や、野菜などの生産者、料理してくれた人などに申し訳ないと思う気持ちもなく、お腹がいっぱいになれば食べきれなかった分の食事を残します。セールの時にまとめて買ったり、思いつきで買ったのはいいですが、管理しきれず賞味期限となった食材は迷いなく捨てます。まず、食べられる分量を買いましょう。残さない努力をしましょう。感謝しましょう。電気も衣類も同じです。何も無い時代を知らない現代人には想像するのは難しいですが、昔の貧しい時代に思いを馳せてみましょう。

Copyright (C)2018水道代や電気代、ガス代の節約術について.All rights reserved.